光BOX+ホーム画面上に表示される不正請求に関して



3月9日より光BOX+ご利用のお客様から「インターネット閲覧中に“ministry of JUSTICE CRIMINAL POLICY” という画面が表示され金銭を請求される」との申告をいただいております。

本事象が発生した場合、光BOX+の画面がロックされホーム画面に戻れなくなり、画面ロックを解除するためにiTunesコード等の入力を要求する画面が表示されます。
画面が表示された場合でも、決して請求額の支払いを行わないようご留意ください。

発生原因含め詳細については調査中ですが、インターネットで海外サイト等を閲覧中での発生が報告されていることから、疑わしいサイトの閲覧は避ける等ご注意いただくようお願いいたします。

万が一、本事象が発生した場合は光BOX+を初期化していただくことで、再びご利用可能となります。
ただし、お気に入り等の設定情報も消失してしまいますことをあらかじめご了承ください。
 (HB-100 初期化手順)
   端末本体の側面にある RESET ボタンを5秒以上長押し
 (HB-1000 初期化手順)
   端末本体の側面にある WIRELESS ボタンを押しながら電源アダプタを接続後、そのまま20秒以上長押し

現在、初期化以外の対処方法及び防止策についても検討しておりますので、判明次第情報を公開いたします。
  
なお、光アプリ市場から「セキュリティ対策ツール」をインストールいただくことで本事象を防止することが可能です(※)
 (インストール手順)
   下記URLをご参照ください
    http://f-security.jp/v6/support/hikaribox/hikariboxfaq/800002.html

 ※ご利用には、NTT西日本が提供する「フレッツ 光ネクスト」及び「フレッツ 光ライト」、光コラボレーションモデル事業者が提供する光アクセスサービスへの接続が可能な環境が必要となります。
 ※ご利用環境によっては有料となる場合がございます。